2014年10月アーカイブ

社長になりましてつらつらと気ままに書いてきましたこのブログも100回目となりました。

キリのいいところで少し私が歩んできたものを振り返ってみたいと思います。

皆様にとっては大したことない私の過去ですが、私の人格がどう形成されたかを

見るに一笑とともに読んでいただければ幸いです。

さてさて幼少期ですが私は、はっきり言って人見知りするおとなしい子供でした。

小さい頃から公園や運動場で野球やサッカーなどで遊びまわる元気なちびっ子達とは

反対でいつもお絵描きをして遊んでいました。

今でも美術・芸術は大好きで、もしも福島家に生まれていなかったら、そっち方面の

仕事に就いていたんじゃないかなと思います。本来の性格は職人肌だとも思います。

今は人見知りもしませんし、家に帰ってくる時間も少ないと思いますが、

本質は子供の頃と変わっていないと思います。

プライベートの時はインドアなのが好きですし、人前で色々とするのは好きでは

ありません。友人関係も狭く深くタイプです。

本当に仕事をしている時とは真逆ですね。

あと性格はワガママでした。福島家で唯一の男の子という事もありましたし、

初孫というのもありまして、大事に育てられたからでしょうね。

子供から学生時代はその性格が災いをもたらす事も多々ありましたが、今はその性格で

本当に良かったと思っています。

社長となると判断することが仕事です。

みんなに色んな意見を出してもらったり、みんなの意見とは反対でも会社の将来に

活きてくる事項や、逆に損することでも決断して進まないといけない事がたくさんです。

そんな時に八方美人にやっていても何も進みません。

最後はある意味ワガママに社長が決めないといけませんので、その判断をすることに

もともとの性格が幸いして、あまりプレッシャーを感じずに決める事ができてます。

その点はワガママで良かったなぁと思っています。

まぁ、周りの人はたまったもんじゃないと思ってるかもしれませんが(笑)

そんな事もあり恋愛に関しては、社会人になるまで全く長続きしませんでした。

長くて9ヶ月。ほとんどは短命です。よく自分でも特に恋愛面は変われたなと思います。

そんなんで本質のところは小さい頃とほとんど変わっていないという事ですね。

次回は青春期に触れてみようと思います。

このアーカイブについて

このページには、2014年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

次のアーカイブは2014年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

株式会社 福徳不動産 国土交通省(3)第6506号
長崎の不動産、賃貸不動産の総合管理、賃貸・売買、マンスリーマンションのことなら福徳不動産














マンスリーマンション福徳 佐世保



マンスリーマンション福徳 長崎