2013年9月アーカイブ

今回は連載してます女性論のスピンオフ!

私は参加してませんが9月10日に福徳不動産の女子社員限定で女子会を開催しました☆

予定の都合が合わなかった人も数名いたのですが、社内全体の女性社員の8割の方は

参加する事ができました!

下の集合写真では仕事で遅れてきた人は写っていないのですが、たぶん集合写真は

酔っぱらう前に撮ろうということで撮ったのでしょう(笑)

DSC03315.JPG

とても盛り上がったみたいですし、席はくじ引き制にして普段あまり話す機会の無い他部署や

他の支店の人と交流も深められたと思います。

DSC03342.JPG

前回も述べましたが、もっと今できる範囲の中でも、女性はもっと前に出てもいいと思います。

しかし、そうは言ってもいきなりできるものではありません。

それならばまずは女性同士、今以上に親交を深めることから始めよう!

とのことで私が幹事の人を指名して開催しました☆

回を重ねてみんなの進行が日増しに進み、その中で何か新しく動き出す機運が、いつか

生まれてくればいいと思いますし、生まれるように私も何か外部からもたらそうと思います。

でも、すぐに生まれなくてもいいと思います。

なぜなら親交を深められたことだけでも価値があるからです。

DSC03360.JPG

今回はみんな楽しむことができて良かった。

そして皆さんに勘違いしないでほしいのは、私が女の園で羽を伸ばしたいから結成したわけでは

ありませんので、あしからず(笑)

今回は前回でも一部述べたのですが、女性自身の事について述べたいと思います。

少し女性にとっては気持ちの良くない回かもしれません。

それは男性に比べ女性の方が責任が大きい仕事や、まとめ役、表舞台に立つ仕事を避ける方が

多いという事です。

技術の向上心よりも、立場に対する向上心が圧倒的に少ないように思います。

しかし、そうなってしまう理由も分かっているつもりです。

立場が上がれば生活の中で仕事が占める割合が大きくなって家庭が小さくなってしまう。

そうなると今まで以上に家庭と仕事の両立が難しくなってしまう。

まだまだ男性社会が残っていて、女性の身では仕事がしづらい。

など色々あると思います。

私は最近よく目にする大企業に女性役員が少ないから、初の女性役員を登用しました。とか

外部から批判を浴びて女性役員を就任させたというのは間違っていると思います。

そんな女性の登用の仕方は逆に男女差別だと思います。

それよりも環境が整っていて、不自由を感じずに仕事ができる中で、平等に評価をして

自然と女性が役員に就任するという事が、全うだと思います。

男性と女性の数で言えば半々なのですから、力仕事ではない上層部の役職であれば

女性と男性が半分づつになっていてもおかしくはありません。

そして、そのような環境を創るためにも男性が環境を整えた上で、女性がその上を走る。

だけでなく、女性の中にも多少無理をしてでも環境整備に奔走する方がもっと出てもいいのでは

ないかなと思います。

環境整備をするということは、男性と変わらない仕事をして、昇進を勝ち取り、広い裁量権の中で

女性の働きやすい環境を女性が作るという事です。

それは大変な事だと思います。しかし、何かを変えるときは多少無理をしてでも

行動しないと変わらないモノです。

男性に整えてもらうばかりではなく、女性にもそんなパワフルな人がもっと表れても

いいんじゃないかなと思いますし、そうなればもっと環境が良くなるのが早くなると思います。

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

株式会社 福徳不動産 国土交通省(3)第6506号
長崎の不動産、賃貸不動産の総合管理、賃貸・売買、マンスリーマンションのことなら福徳不動産














マンスリーマンション福徳 佐世保



マンスリーマンション福徳 長崎