log.59 恥

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、第一回目の青山舎(せいざんしゃ)講義が終わりました。

初回はこの塾の内容と、塾生の自己紹介3分間スピーチでした。

皆さんとても緊張したようです。

普段、スピーチする機会はなかなか無いので、最初は難しいかもしれませんね。

でも、できなくていいんです。大切な事は自分の中で「上手く話せなかったなぁ」と

恥をかくことです。

その恥が多ければ多いほど人間は成長しようと努力しますからね。

他人からかく恥と自分の中でかく恥は違います。

他人からかく恥は、馬鹿にされたり、見下された時にかく恥です。

しかし、この塾の中に誰かが上手くいかなかったからといって、馬鹿にする人も、

見下すような人もいません。

みんな心の中で応援していると思います。

という事はみんなの前で失敗しても何も恥ずかしくないんです。上手くいけば褒めて

くれるし、上手くいかなくても応援してくれるんですから。

ただ、自分の中では恥だと思って、次からはもっと上手くできるように努力すること

です。それが自分の中でかく恥です。

一生懸命、覚悟を持ってしない人に対して、一生懸命、覚悟を持ってしている人は

見下します。

一生懸命、覚悟を持ってしている限り、何も恐れる事はないんです。

これから熟生がどのように成長するのかとても楽しみです。

ちなみに青山舎の名前の由来は、幕末の僧の月姓の漢詩から引用しました。

気になる人は「男児志を持って郷関を出ず」という漢詩を見てみてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.fsupport.com/mt4/mt-tb.cgi/236

コメントする

このブログ記事について

このページは、社長が2012年8月10日 11:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「log.58 青山舎試験面談」です。

次のブログ記事は「log.60 日本を救う!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

株式会社 福徳不動産 国土交通省(3)第6506号
長崎の不動産、賃貸不動産の総合管理、賃貸・売買、マンスリーマンションのことなら福徳不動産














マンスリーマンション福徳 佐世保



マンスリーマンション福徳 長崎