2012年1月アーカイブ

もうすぐウチの会社の新卒採用会社説明会が始まります。

今年はどの様な学生の皆さんとお会いできるのかとても楽しみです。

主張の中にも謙虚さを持ち、自分だけしか話せない自分の話をできる人が多くいる事を願

っています。今、必死に自己分析をされていると思います。

しかし、今までは9割り型の方はそこの域にまで達していない。

必死に頭が爆発するほど考えていない。

学生時代から自然と考えてきた人は、考え方を整理整頓するだけで大丈夫です。

人生で最初に働く会社を決める分岐点です。

もしかしたら一生働くかもしれません。一生を大きく左右する分岐点なのです。

自分の人生なのに、大きな分岐点なのに、脳みそが枯れるほど考えないのは

もったいないですよ。人生には必ず限りがある。

私の心に強烈な印象が残る方と出会えるのか楽しみです。

私は会社説明会から最終面接まで全て参加してお話しさせていただきます。

そして自分の考え方が分からない方は、いつでも相談してくれて全然構いません。

学生の特権で遠慮は無用。遠慮してたら周りに先越されます。

これから学生さん向けに発信する機会が多くなると思いますのでよろしくお願いします。

今日はお薦めの本の紹介を一つ。

「朝礼暮改の発想」 仕事の壁を突破する95の直言

著者:鈴木敏文 セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長
出版社:新潮文庫

皆さんおなじみのセブンイレブンの生みの親と言われている鈴木会長の著書です。

鈴木会長が日々思っている事や、経験に基づいた事をもとに95の直言を

まとめた本です。とても読みやすくて私はいつも本を読んでいて参考になる部分には

付箋を貼るのですが、1冊の本でこれほど付箋を貼ったのは初めてです。

仕事へ取り組むときの基本姿勢の心構えや、上司と部下の関係に対する考え方、

常識にとらわれずに本当に良いと思ったことは、どんなに反対されようと障害が

あろうとも乗り越えていく事。などなど。

とっても参考・勉強になる事がたくさんあります。

中でも一番印象に残ったのは、

「本を読みながら傍線を引くなら反対意見に引く」というところでした。

私は普段、共感した部分や、考えがあったがはっきりと定まっていなかったものが

はっきりと書かれていた部分に多く、付箋を貼っていました。

それは以前にもブログで書いた通り、まだまだ自分の考えというものが完成して

おらず、本を読んで自分の潜在的な意見への共感・発見をする事で固めている

最中だからです。まだ反対意見に傍線を引くことは少ないです。

しかし、この直言を読んで、反対意見に感銘を受け、自分に落とし込んでいる数の

少なさを感じて、改めて勉強量の足りなさや未熟さを感じました。

皆さんはどのくらい自分というものが完成しましたか??

早く反対意見を多く自分に落とし込めるようになりたいですね★

僕のオススメですので良かったら一度読んでみてください!

「一を聞いて十を知る」人間になりなさい。

と時々聞きますが私はそんなの難しいんじゃないかな。と思います。

分からないですけど、せいぜい一を聞いて三を知るぐらいが平均なんじゃないですか?

私はこれはほぼ才能の世界だと思います。生まれ持った天性。

私もせいぜい三ぐらいです。

ウチの会社では僕以上に四、五と知れる人もいます。

私が大切にしているのは「一を経験して十学ぶ」です。

これは自慢じゃないですが他の人よりも私はできているんじゃないかなと思います。

いくら十知ろうとも実行しないと意味がないし、そこから経験した以上のものを

身に付けないと平均的な人と同じになってしまうと思います。

私は同じ間違いをしたり、効率が悪い事を繰り返すのも嫌いです。

自分の目的・目標もありますので、他人よりも早く成長する事を重要視しています。

そうなると何が必要かというと「志」「勉強」「逃げない精神」などなど様々な

要素があってこそ十に近づく事ができると思いますし、十を超える事もできます。

知ったかぶりのかっこ悪い人間にはなりたくないですよね。

私も未熟者ですが、皆さんも共に成長しましょうね。

私の身に起こった出来事を一つ。

去年の年末の連休の際に熊本のとある温泉地に久しぶりにゆっくり休もうと思い

行きました。

お昼は久留米の美味しい丼屋さんに行って、夜ご飯は季節がら牡蠣小屋で牡蠣を

たらふく食べて牡蠣もとっても美味しかったです。

さぁ、お腹もいっぱいになったし夜もふけていましたので、旅館へ夜に行きました。

旅館もとっても綺麗で温泉もたっぷりと堪能しました。

そして朝、旅館を出発しようとしたところで、何か臭い・・・。

そう、10年ぶりぐらいの勢いでウ◯コを右足で思いっきり踏んでいたのです。

しかも靴の真ん中にジャストミートで狙って踏んだかのように。

おそらく夜中に旅館に着いて真っ暗闇の駐車場で踏んだのでしょう。

驚愕の事実に気付いた私は、旅館の近くでふんだんに湧き出ている温泉水で

必死に靴を洗いました。 もう朝からガッカリです。

そこで、ハッと思いついたのが「年末にウ◯コを踏むという事は、運(ウン)が付く」

という神の思し召しだろうとすぐに思い直しました。

家に帰ってきて直ぐに宝くじ売り場に直行です。

そして、昨日抽選番号の発表だったのですが・・・。

神の思し召し通り、気持ちいいまでに外れていました・・・。

いや、僕には絶対何かイイ事がある!

そう思って生きています。思いたいです。

お食事中の皆様は大変失礼しました。

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

株式会社 福徳不動産 国土交通省(3)第6506号
長崎の不動産、賃貸不動産の総合管理、賃貸・売買、マンスリーマンションのことなら福徳不動産














マンスリーマンション福徳 佐世保



マンスリーマンション福徳 長崎