2011年10月アーカイブ

「何がキミの幸せ? 何をして喜ぶ? 分からないまま終わる?

そんなのは嫌だ!

忘れないで夢を こぼさないで涙 

だからキミは飛ぶんだどこまでも」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

これは日本人ならほとんどの人が知ってますよね?

僕は何気なく聞いていましたけど、改めて聞いたらすごくシンプルで力強くて、

単純だけど気付かされます。

それに僕もこの歌詞と全く同感です。

僕も自分の幸せが何か?何をしていると楽しいか?

そんなのが分からずに死ぬなんて、まっぴらごめんです。

たぶん幸せや楽しいことはたくさんあるでしょうから、これからの人生が楽しみです。

時には落ち込む事や嫌になる事もあるでしょうが、自分の目標に対して

涙流してクヨクヨしてる時間はないですよね?

そんな時間がもったいない!

それにしてもこんな素晴らしい歌を小さいときから繰り返し聞いていたなんて、

逆に恐ろしいです。アンパンマンがある日本に生まれて良かった。

う~~ん、また1カ月近く間があいてしまいました。

反省、反省。

前回はマンガ本の紹介をしましたが、今回は本を読んで感じる事について一言。

人はそれぞれ感じ方が違いますし、本も当然作者の考え方によって内容は違います。

たとえ同じテーマであっても、千差万別です。

私もよく本を読むのですが、

「これは勉強になった!」「アイデアがひらめいた!」「今後の参考にできる!」

など、印象が深かった本は読んでいる途中や読み終わった後に上記のような

感想や考え方を持ちます。

でもなぜ同じようなテーマの本はあるのに感じる本と感じない本があるのでしょうか?

僕が思うに文章のクオリティはあるでしょうが、読んだ本が読んでいる当の本人の

潜在的に考えている事をはっきりと明示してくれたからではないだろうか?

と私は考えています。

普段から自分の哲学や行動指針は持っているが、ほとんど漠然としているのが

人間じゃないかと思います。

それは感覚や感情、方向性のようなものですからなかなか詳細には自分の事でも、

説明できません。

それを説明できる人がいわゆる「自分を持っている人」。

自分を持っている人でも100%自分を理解している人はいないんじゃないかな

と思います。

そして、ある程度、理解度が進んで自己反省も進んだ段階で自分とは違う考え方に

なるほどと思える。それは自分という軸がしっかりと見えているからだと思います。

自分自身が見えていなくて、違う方向性に行ってしまうのは単なる「迷い」

という私も自分自身がなかなか分かりませんし、迷うこともありますが、

まずは自分自身を知りつくしたいなと思います。

そうすればおのずと何をすべきかが見えてきそうな気がします。


このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

株式会社 福徳不動産 国土交通省(3)第6506号
長崎の不動産、賃貸不動産の総合管理、賃貸・売買、マンスリーマンションのことなら福徳不動産














マンスリーマンション福徳 佐世保



マンスリーマンション福徳 長崎